ピースボート乗船後、フリーの作曲家と結婚した2児の母親です。子育てしながら在宅で民泊サービスAirbnbやホームページ制作を仕事としています。

日常のこと民泊のことHP制作のことなどをブログで発信中です。

ピースボート

ピースボートにスタッフとして乗る方法

2015/10/05

ピースボートにタダで乗る方法は

1、乗る前にボラスタ(ボランティアスタッフ)で割引を貯める。
2、スタッフとして乗る。

と先日書きましたが、今回は2のスタッフとして乗る方法について
書きます。1についてはこちら>>

1の方法は基本的には誰でもできる方法ですが、
2はちょっとハードルが高いです。

ハードルとは、

語学力 or 専門知識 or 乗船経験 です。

①英語力がある人は・・・

ピースボートで“通訳”か“英語の先生”として乗る方法があります。

どちらもボランティアなので給料はもらえないようですが、
乗船費は全額タダになります。

居酒屋のチケットとかはお小遣い代わりにちょっと支給されてたみたいですが。

通訳について詳しくは
インタビュー記事通訳ボランティア>>をどうぞ。

通訳はかなり高いレベルの英語力が必要で、
多くの通訳者は帰国子女とか海外に長年住んでいて、
日本語も英語もペラペラのバイリンガルの人達でした。
また、難しい内容の講義の通訳も行う為、英語力だけでなくある程度の教養、
さらにはピースボートの思想に対して支持している人が多い気がしました。

英語の先生は全員外国人で片言以上の日本語を喋れる人が
ほとんどでした。通訳の人ほどバイリンガルである必要はないようですが、
英語を教える力が必要ですね。

あ、英語とだけ書きましたが、スペイン語もあります。
スペイン語を喋れる人はなかなかいないので
需要は高いみたいです。

詳しくは通訳ボランティア募集要項へ>>
英語の先生の募集要項は見つからなかったので、
日本人は募集してないのかもですね。

②専門知識OR技術力がある人は・・・

*水先案内人になる!
・・・ピースボートの中で講演会などをする人です。
もちろん募集はしていないので、
直接打診してみるか、つてを探すしかないでしょうね笑

*船内カウンセラーになる

*船医or看護婦さんになる

*カメラマンになる

*ウェブレポーターになる

・・・他にもあるかもですが、私が見た限りではこれくらい。

水先案内人やカメラマンはボランティアのようですが、
カウンセラーさん船医さんはお給料も出るみたいですね。

③ピースボートに乗ったことがある人は・・・

私が説明するまでもないでしょうが、

ピースボートスタッフorジャパングレイススタッフになる
為の条件をクリアしています。

就職先としてピースボートを選ぶってことです。

もちろんお給料はでますが、
NGOで働くってことですし、
条件は厳しいみたいですね。
でもその分やりがいもありそうです。

ピースボートスタッフの人はみんな若くて
生き生きとしています。

-ピースボート
-