ピースボートを降りた後

ピースボートに乗る目的がそれぞれ違うように、
ピースボートを降りた後どうするかも、もちろん、人によってそれぞれです。

ただ、こうゆう傾向があるかなとは思ったので書きます。





①海外遊びに行く。

海外が好きで乗る人が多いでしょうから、降りた後もまた海外に遊びに行っている人は
私が知ってる限りでも結構います。私自身もブラジル行ったし。
仕事を辞めて時間が自由だから、また、海外に行くってことですね。

②国内周遊する。

特に降りた直後は国内を回る人が多かった気がします。“海外を見て初めて
自分の国のことを知らないことに気づく”とはよく聞く話です。
ピースボートに乗った人はそれに加えて、
船で全国の友達ができているわけだから、
友達に会うために各地を旅行する人もとても多いです。

③ワーホリ・留学する

世界一周する間に英語やスペイン語がもっと話せたらいいのに、
と思う機会は沢山あるだろうし、
実際にワーホリや留学経験がある人が船に
乗っていて話を聴く機会もあるので、行きたくなる人も
多いと思います。

④元の職場に戻る。

これは個人的に意外だったのですが、3ヶ月休みをもらって乗っている人
も時々います。だから、帰ったらすぐ、元の職場で働いている
って人も少ないけれどいます。

⑤新しい職を見つける。

降りてから3ヶ月も経つと、新しい就職が決まったって人も
出てきます。

⑥スタッフになる。

ピースボートスタッフ、ジャパングレイススタッフの
必須条件は、乗客として船に乗っていること。です。
だから、乗った人はスタッフになれる可能性があります。
実際、ジャパングレイスからは下船後、スタッフ応募募集の
はがきが送られてきました。

⑦ニートになる(笑)

“ピースボート ニート”と検索する人が時々いるので
あえて書いておきます。
確かに、残念ながらピースボート乗船者は少しだけニートに
なりやすいかもしれない・・・。まぁでも同じニートとして
弁解しておくと、働く気がなくなるって訳ではなく、
いろんな働き方や生き方に目を向けてしまうってこと。
価値観が少し変わってしまうってこと。
だから、普通に就職活動して、大手企業で働くことを望まず、
何がしたいか、何ができるか、を悶々と考えてしまう、
そんな人が増えるのでなないでしょうか。

とは言っても、何度も言いますが、人それぞれですけどね。

2016/01/25


Message

メールアドレスが公開されることはありません。