私たちにできること<みり>★from 東京

みりの写真学生の国際交流・国際協力
Q1、具体的になにをしていますか?
タイの子供たちに対して物資の支援や交流、また在日外国人に学習交流もしています。
Q2、物資の支援はどうやって集めましたか?
私は静岡に住んでいますが、そこの地域のお祭りの時に広報して支援を募りました。私達の部活のモットーは「グローカル」なのでそのお祭り自体の主体も地域のNPOと協力してやっています。

Q3、学習交流とは具体的にどんなことをしますか?

静岡の三島市は在日ブラジル人、在日ポルトガル人が多いです。母親が働いていて家にいない子供が多いので宿題等を一緒にやったり、悩み等を話せる場として学校以外のコミュニティを作るという役割もあります。
Q4、部活以外でも何かしていることはありますか?
ゼミでもグローカルをモットーに活動していることがあります。三島の特産を活かして商品化し地域のイベント等で販売します。そしてその収益をNPOに届けています。
Q5、NPOに届けられた収益の使い道は?
フィリピンのセブ島にあるスラム街の子供達への制服や支援金援助となっています。この取り組みの中で私達はフィリピンへ行きスラムについて学び、そこの子供達とも交流をしてきました。
Q6、学校以外で個人的に行っている活動もありますか?
海外から日本に来てくれた人にボランティアで観光案内をしています。
Q7、どうやって海外から来た方と知り合うのですか?
知人がゲストハウスをしているので、そこに来た外国の人を観光案内します。
Q8、何故このようなことをしようと思いましたか?
留学生などに遊びながら楽しく日本の文化を教えることができるし、何より日本に興味を持ってくれてることが嬉しいです。そういった思いに答えたいのと、私自身子供や海外の人に対して何かしたいという気持ちが強いです。
ドイツ国際平和村でインターン
Q1、ゲストハウスの他に何かしたいことはありますか?
NGOドイツ国際平和村(HPはこちら>>)で働きたいです。
Q2、このNGOのどういったところが魅力的ですか?
各国における紛争などで被害にあった子供が安全に医療を受けられるシステムを作っていて、被害にあった子供は治療の為に渡航し一週間ドイツで暮らし、提携している病院で無償で治療を受けられます。ドイツに行って視察して来ました。
Q3、そこで働く為に今していることはありますか?
大学でドイツ語の勉強をしています。そして来年にはインターンをする予定です。

受けた印象
彼女は他にもピースボート災害支援ボランティアに参加したり最近では、ベジタリアンになったりと、沢山のことに果敢にチャレンジし難なくこなしてしまう雰囲気があるが、そこには強い意志と彼女の真から湧き出る愛情があるからではないかと感じました。
(取材:ポワン)

<<前へ次へ>>

2013/02/26