私たちにできること<S・Nさん>

さとしさんの写真ピースボートの地球大学担当
Q1、なぜピースボートで働いているのですか?
自分が勉強できる環境だからです。
寄港地で現場を目で見ることができ、水先案内人からは理論が学べます。自由に任せてもらえるのでやりがいもあります。毎回いろんな目的を持った様々な地球大学生が乗ってくるのですが、彼らの頑張っている姿を見るのも楽しいですね。
Q2、どうして勉強したいのですか?
より良く生きるためですね。自分にとってのより良くとはできるだけ世界に負のインパクトを与えないことです。

Q3、今後やりたいことはありますか?

一度他のNGOなどで働いて戻ってきたいですね。
常に問題意識を忘れたくないと思っているのですが、長年働いているとどうしても視野が狭くなってきた気がします。もちろん、提案して変えたところも沢山ありますが。
Q4、これからも地球大学を続けたいのですか?
そうですね。地球大学に自分は必要だと思っています。
それから日本に地球大学の拠点を作りたいですね。船に乗った人や乗れない人でも勉強できる場所を小民家とかに作れたらいいなと思います。
Q5、給料面での不安はないですか?
まあ、何とかなるんじゃないですかね。自分が教えていることに説得力を増すために、自給自足の生活などもしたいですね。

受けた印象
彼は知識も豊富で、話し方もうまいので、彼の地球大学の授業にはとても引き付けられました。常に問題意識を持ち、様々な視点から物事を捉えることができ、受講生と同じ目線で話してくれる彼はとても素敵な先生です。こんな彼の授業を船下りた後も、また船に乗らない人でも受ける機会が設けられるのはとても良いことだと思います。(取材:あつこ)
→地球大学HPはこちら>>

<<前へ次へ>>

2013/02/18