ピースボート乗船後、フリーの作曲家と結婚した2児の母親です。子育てしながら在宅で民泊サービスAirbnbやホームページ制作を仕事としています。

日常のこと民泊のことHP制作のことなどをブログで発信中です。

ブログ

私が「おっぱいさん」を名乗る理由

今日もまたお風呂でおっぱいを絞った。
「おっぱいさん」になって3年。もう何度絞ったことか。

飾りだったおっぱい。
子どもを産むまでおっぱいに対する執着はあまりなかった。
それでも「おっぱいは柔らかくて大きいほうがよい」
という風潮に流され揉んでみたり、
部活の時はおっぱい大きい子のおっぱいを触ってみたり。
お酒の席では女子が話してもOKな下ネタとして。
なんか付いてるくらいの感覚しかなかったし、
本当は別にどうでもよかったんだけど、
おっぱいというとなんか盛り上がるし、
欲を言うならもう少し大きかったら
服も似合うんじゃないかなってくらいの存在だった。

膨らむおっぱい。
結婚願望も子供願望もなかった私が、結婚して妊娠した。
子どもはどちらかというと苦手だった。
赤ちゃんと接する機会もわが子を産むまでほとんどなかった。
授乳は2時間おきですよーと母親教室で習ったときも、
へー。赤ちゃんってすぐお腹すくのねー。
くらいにしか思っていなかった。
揉んでも膨らまなかったおっぱいは妊娠すると
サイズアップするのか。ラッキー。

一体化するおっぱい。
娘が生まれた。泣いたらおっぱいをあげてくださいと言われた。
産院ではおっぱいをあげた回数を毎日表に記録させられた。
大体一日15回くらいあげてた。
産後はゆっくりしないとと言われているはずだが、
夜もおっぱい。もちろん、朝も昼もおっぱい。
あ、二時間以上連続で寝れないんだ、ということに始めて気が付いた。
しかもおっぱい咥えたまま寝ちゃうから、
飲み終わってもおっぱいから娘を離せない。
おっぱいと娘は一体化しているようで、
ブラの中におっぱいを戻すのも忘れるような日々だった。
おっぱい取り外せたら便利なのにな。
そしたら眠った娘から離れて2時間は自由になれるのにな。。。

責められるおっぱい。
娘が大きくなるにつれ、少しずつおっぱいの拘束時間は減った。
夜3時間以上寝れる日も出てきた。
しかし、おっぱいの苦労は別の形で続いた。乳腺炎。
おっぱいが詰まったり炎症を起こして痛い。
そして乳腺炎になったおっぱいは飲んでもらえなかったり、
不味いのか引っ張られたり叩かれたりもする。
乳腺炎が原因で高熱が出た日もあった。腕が上がらない日もあった。

止められないおっぱい。
離乳食は順調に進み、栄養的には必要なくなってきたおっぱい。
保育園に行き始めたこともあり、
断乳も考えた。言葉も少し理解できるようになった娘は、
おっぱい止めなければいけないことを
理解している。夜、別の部屋で寝てみた。
一日目、成功。泣かずにおっぱいなしで寝てくれた。
一日飲まれなかった私のおっぱいはパンパンに張った。
痛くて耐えられなかったからお風呂で絞った。
もう、出なくなるのか、と思いながら。
2日目の夜、別の部屋で一人でおっぱいについて調べまくった。
いろんな説はあるものの、長く飲ませたほうが良いという説
ばかりが目についた。おっぱいは痛くてたまらない。
体が飲んで欲しいと言っている。無理して止める理由が見つからない。
なんて考えていると、
隣の部屋から泣き声が聞こえてきたのですぐに娘のもとに行ってしまった。
おっぱいを差し出す私に、「え?いいの?」と一瞬戸惑う娘。
ごめん、あなたじゃなくて私がおっぱい止められないんだよ。

飲まないおっぱい。
おっぱいは私があげたくてあげている。
あと何年でも飲むまで飲ませる覚悟をした。
次女を妊娠してからも可能な限りあげ続けた。
でも、いつ飲まなくなったかわからないくらい
自然とおっぱいを飲まなくなった。
オレンジジュースのほうが好きになった。私のおっぱいも
痛い思いを全くせずに、気が付けばほとんど出なくなっていた。

おっぱいおっぱい。
次女が生まれてからやっと役目を終わったかと思った
おっぱいの仕事はまた振り出しに戻った。
かといって、長女がおっぱいから離れたわけでは全くない。
飲まなくなってもおっぱい。
一日何度おっぱいと言っているかわからないし、
暇さえあればおっぱいを触ってくる。
次女へのやきもちで再び吸い出した時期もあった。
2人から吸われるおっぱいさん。
いつからか長女はおっぱいのことを「おっぱいさん」と呼ぶようになった。

私が生きる価値はおっぱい。
ただの飾りだったおっぱいは子どもを産んでから私の全てになった。
次女はまだおっぱい以外を口にしていない。
ミルクも飲ませていない。つまりおっぱいがないと
彼女は死ぬかもしれない。
長女は飲んではいないけれど、おっぱいがなくなると発狂するだろう。
ママよりもおっぱいさんが好きだから。
親として、母として、大したことはしてあげられていない。
家事も育児も苦手だし。
だからせめておっぱいくらいは満足するまで与えたい。
それが今私の最大の生きる意味。
私の価値はおっぱい。

だからVALUのアカウント名もおっぱいさんにしてみたよ^^

最後まで読んでくれてありがとうございますー!

あ、おっぱい占いも
私が楽しんでます(* ´ ▽ ` *)
https://polca.jp/projects/V8kqPaTUWi5 #polca

-ブログ
-