ピースボート乗船後、フリーの作曲家と結婚した2児の母親です。子育てしながら在宅で民泊サービスAirbnbやホームページ制作を仕事としています。

日常のこと民泊のことHP制作のことなどをブログで発信中です。

ブログ

メディアと広告とお金のジレンマ

最近このHPを創りながら思うことを書きます。

こんなHPでもそこそこアクセス数も増えてきて、知らない人にも情報発信できているので、
まぁ小さな小さなメディアと呼べないこともないでしょう。

私はこのHPを通じて伝えたいことを伝えるだけでなく、
広告収入もごくごく僅かながら得ています。

日々気になることであり、目指す目標は
“何人が見に来て何ページ見ているか(PV)”と“いくら収入になっているか”、
の2つに自然となってきます。

まず、沢山の人に見てもらうためには
書きたい記事だけを書いていても見てはもらえない。

伝えたいことを伝える為には、まずは見てもらうこと
が必要となり、そのためにはみんなが気になるであろう記事
を書かなければいけない。

そして続ける為に広告収入は必要で、広告収入を
上げるためには広告を目立つところに配置したくなる。

つまり、みんなが気になるであろう記事を沢山かいて、
広告を目指すところに配置すれば、
見に来てくれる人と収入はどちらも上がる。

もともと伝えたいことがあって始めたHPのはずなのに、
気が付くと、主旨に外れることを沢山書いて、広告も目立たている。

矛盾してるのはわかってる。

でも伝えたいことだけ書いても、見てもらえなくてはどうしようもない。
収入もなければ続けられない。

個人でやってるこんな小さなHPでもこんなジレンマを感じる
ことがあるんだから、大企業で働く人とか大変だろうな。

私も会社員だったとき、売り上げだけが評価とか目標になってる
ような気がして嫌だったこともあったけど、
1人でやっても同じ感じになってしまってる。

なにかその他(PVと収入以外)の目指す指標を見つけないと。

-ブログ