ピースボート乗船後、フリーの作曲家と結婚した2児の母親です。子育てしながら在宅で民泊サービスAirbnbやホームページ制作を仕事としています。

日常のこと民泊のことHP制作のことなどをブログで発信中です。

コドモサイズソング ブログ 子育て

ドMなおっぱいとご主人様★母になるまで知らなかった『おっぱいの苦労』

dsc02233
どうして母になるまで知らなかったんだろう?

おっぱいの本当の姿を
もっと多くの人に知ってほしい。

もっと、おっぱいに敬意を。

そんな思いでおっぱい話を連載することにしました。

第一話はこちら↓
おっぱいに敬意を!!母になるまで知らなかった『本当のおっぱいのすごさ』

授乳する母親と赤ちゃんのイメージは

穏やかで幸せな空気が流れている。
そんな風に描かれることがほとんどだと思う。

もちろん、そんな時もある
けれど、

現実はそれだけじゃない。

おっぱいのご主人様(赤ちゃん)たちは

時々、お世話になっているはずのおっぱいを
ドSに痛めつける。

①おっぱいは噛まれる。

噛まれる心配をするのは、歯が生えてきてからだと
思っていたら大間違い。

生まれたての赤ちゃんの
吸引力はすさまじく、
歯茎は歯が生えているように固い。

寝ている隙におっぱいを外そうとすると、
がぶり。おっぱいは噛まれる。

そして、歯が生えてきてからは、
本当に恐ろしい。

乳首なくなるんじゃないかって
本気で何度も思った。

何度授乳中に痛みで奇声を上げたことか。

②おっぱいは長時間拘束される。

生まれたての赤ちゃんはおっぱいを2時間おきに飲む
と言う話は前回書いたけれど、

じゃあ、2時間はおっぱいは自由なのか
っていうとそうでもない。

飲むのが下手な赤ちゃんは
長いときは一時間近くおっぱいを咥えている。

さらに、多くの場合
咥えたまま眠ってしまう。

その隙に、おっぱいが自由を求めて逃げようとすると、
ガブリ、と噛まれたり、目が覚めちゃって泣かれたり。

おっぱいを咥えられたまま
動けず、何もできない時間を何時間過ごしたことか。

③おっぱいは時々嫌われる。

噛まれても、自由を奪われても、
それでも母乳を与え続けるおっぱいさん。

でも、そんな健気なおっぱいを
彼らは時々飲まなくなる。

美味しくない。という理由で。

食べたもので味が変わったり、
古いおっぱいが溜まっていたり、
美味しくなくなる理由は
いろいろあるんだろうけれど、

飲んでもらわないと、
ますますおっぱいは不味くなる。

詰まって乳腺炎になって熱が出たり、
腕が上がらなくなったりもする。

飲んでもらえなくなった可愛そうなおっぱいさんは
また美味しくなって飲んでもらうまで、
自分でひたすら母乳を絞って捨てるしかない。

そう、おっぱいは、どんなにひどい目にあっても、
どんなに逃げたくても逃げられない。

おっぱいはご主人様なしでは
生きていけない体になってしまっている。

さらに、うちの子はおっぱいの扱いが特にひどく、
叩いたり、なぜか180℃回転しながら飲んだり、

平和なイメージ図とはかけ離れた
おっぱい生活2年4ヶ月だった。

そんな彼女が歌った、
おっぱい執着クリスマスソングを
よろしければお聞きください。

-コドモサイズソング, ブログ, 子育て