ピースボート乗船後、フリーの作曲家と結婚した2児の母親です。子育てしながら在宅で民泊サービスAirbnbやホームページ制作を仕事としています。

日常のこと民泊のことHP制作のことなどをブログで発信中です。

フリーランスと生きる術 ブログ

『自営業の男と結婚する最大のメリット』に結婚4年目にしてやっと気が付いた。

P_20160801_161148
うちの旦那はフリーの作曲家。

すごいね!とか面白い!とかよく言ってもらえるけれど、

一般的に「結婚相手の条件」としては最低ではないだろうか。

毎月安定して入ってくるお金なんて
一切ないし、年収も一年終わって初めてわかる。

なんて話をすると、
よっぽど好きで結婚したんだね、
と言われるけれど、

それについては
以前の記事に書きました。
音楽に全く興味がない私が彼と結婚した理由。

彼と結婚するデメリットは、「収入が不安定」ということに尽きるけれど、
「自由すぎる生活で、子育ても一緒にやってもらえる」ことが
デメリットを超えるメリットだと思ってた。

だからこのままフリーで食べていくためにも
『彼の仕事を手伝おう』と
3年間思ってきた。

でも、最近、
彼と結婚したことによる
私が得た最大のメリットについて気が付いてしまった‼

そして、『彼の仕事を手伝う』のはもう辞めようと思う。

今までは、彼の代わりに私がやろうとしてたり、
今まで彼がやり続けていたやり方に口出ししたりしてた。

といっても、音楽作れるわけでもないし、
そもそも音楽に興味がないので、

やれることは、HP更新したり、
よさこい楽曲の宣伝のために
「よさこい辞典」というHP
なんて立ち上げて取材に行ってみたり・・・・

私がやりたいことは他にあっても、
とりあえず「食べていくことが優先」と思って、
彼の仕事に直接繋がりそうなこと
やっていた。

自由にやってたし、それはそれで楽しかったんだけれど・・・
でも結局彼がやったほうが上手かったり、
彼のやり方の方が正しかったりしたことの方が
多かった気がする。

最近、私がやりたいことやった方が良くない?
と思ってきた。

そして、私のやりたいこととか
好きなこととか、夢とか、

ノーリスクでなんでもできるじゃん

ってことに気が付いてしまった。

例えば、私小さいころ「駄菓子屋さん」になりたかった。
趣味で「包装紙集め」をしていた時期が少しあった。
「国際協力」したいなとか「フェアトレード」広めたいな
って大学時代は思ってたし、
子どもを産んでからは、「子どもと一緒に安心して行ける場所づくり」
したいなとか、「地域の情報サイト」作りたいなとか
いろいろ思うことはあったけれど、

子どものころの夢や好きだったことは気が付いたら忘れていたし、
大人になってやりたいと思ったことは
経済的だったり、時間的、またリスクを負えなかったり、
会社に提案してもダメだったり・・・・

そう、簡単にやりたいことなんて普通はやれない。
本気でやるなら、相当な覚悟が必要だよね。

でも、旦那の仕事とからめてやれば、
ノーリスクで簡単じゃん!!
やりたいこと全部できるんじゃ!!

そしてそれが結果的に彼の仕事の宣伝にもなるはず。

ってことに気が付いた。

日曜市のコドモサイズソングの出店時に、
ちょっと空きスペースで駄菓子屋さんをやるとかだったら簡単にできそうだし、
注文受けたCDの包装考えるのが最近超楽しい。CDを入れる紙袋は、世界の子どもの貧困の支援している
団体のを使ったりとか、今後は障害者の就労支援されているstudio nuccaさんに作ってもらいたいな~とか・・・。
自宅イベントするときは、フェアトレードの紅茶を出したりできるし、
できるだけ、小さい子どもとでも安心してこれる場所を作りたい。地域サイトを立ち上げる体力はないけれど、
自分のブログの1コーナーとして、地域密着!久留米ブログというカテゴリーを作ってみた。

私がやりたいことは全て簡単にできて、
誰の許可もいらず(旦那には言うけれど、好きにしたら~って言うし)、
経費もほとんどかからず(そもそも本業でかけているからね)
宣伝も集客もいらない(そもそも本業でしてるから)
プロレベルの知識も経験もなくていい(私が提供するのはあくまで付属品だから)

でも結果、旦那の宣伝になるはず。

ダンナの仕事の周りで「自分の好きなことを仕事にできる」
これって、自営業の奥さんだけの特権じゃないでしょうか?!

そういえば、居酒屋の奥さんが昼間にパン屋さん開くとか
手作り雑貨販売するとかよく聞くでしょ?

-フリーランスと生きる術, ブログ