ピースボート乗船後、フリーの作曲家と結婚した2児の母親です。子育てしながら在宅で民泊サービスAirbnbやホームページ制作を仕事としています。

日常のこと民泊のことHP制作のことなどをブログで発信中です。

Airbnb(エアビーアンドビー)

Airbnbのリスクとその回避方法②~本当のリスクとは・・・~

2015/10/02

6d7d03d48271a903c1077ec6128b8d1b_s
前回、Airbnbのゲストが犯罪者である可能性は極めて低い
という記事(≫>こちら)を書きましたが、

だからと言って、Airbnbのホストを行うリスクが
全くないとは言えません。

今回は私たちが現在リスクと思っていることについて
書こうと思います。

①ゲストに物を壊されるリスクがある。

前回も書いた通り、Airbnbのゲストはとても私たちに友好的です。
本人たちも気まずくなるだろうし、わざと物を壊すことはまずないとは思います。

ですが、故意ではなくても、
壊してしまうことはあると思います。

そのため、ゲストに提供する物は
壊されても仕方がないと覚悟しています。

Airbnbの機能として、事前にゲストから保証金
預かっておいて、何かあった時はその保証金から払ってもらう
ということもできますし、
Airbnbがホスト保証といって最大1億円まで
保証を付けてくれるらしいですが、

私は現状では保証金を預かっていないし、
Airbnbの保証もあんまりあてにはしていません。

一度申請してみようかと思ったことがありますが、
申請が面倒そうだし、降りるかどうかも謎だし、
なんといってもせっかく仲良くなったゲストと
気まずくなるのが嫌だからです。

なので、壊されても諦めが付くように、
ゲストルームの備品は
100円ショップやリサイクルショップで
揃えています。

②法に触れる恐れがある。

これは私たちが現在一番気になっていることです。

Airbnbのサービスは旅館業法に触れる可能性が
高いのです。

Airbnbのサイト上では住まいの条例を個人で確認してください
となっていますが、

私たちが住んでいる福岡県は
Airbnbは旅館業法許可が必要と言っているみたいです。
詳しくはこちら(Airbnホストは旅館業法許可が必要?>>)

もしかしたら、今後我が家も
摘発されたりするのかな・・・

と思いながら、
ですが我が家は自営業なので、
特に誰かに気を使わなければいけないことも
ないので、

注意されるまで
やり続けようとは思っているところですが、

リスクよりも得られる物の方が
はるかに大きいので、

これからもAirbnbホストを
ずっと続けたいなと思っています。

-Airbnb(エアビーアンドビー)
-