ピースボート乗船後、フリーの作曲家と結婚した2児の母親です。子育てしながら在宅で民泊サービスAirbnbやホームページ制作を仕事としています。

日常のこと民泊のことHP制作のことなどをブログで発信中です。

Airbnb(エアビーアンドビー)

民泊サービス(Airbnb)をゲストとして使うリスクとその回避法①

Aibnbのホストを初めて1年以上経ちました。

昨日はオランダ人カップルが帰っていきました。
夜ごはんを一緒に食べて夜中までお酒を飲んで楽しみました。

海外で、その国の人が作った家庭料理を食べ、
お酒を飲みながらお喋りできるなんて超良くないですか?
もちろん、今回も高評価を頂きました♡

今度海外行くときは絶対Airbnbを使いたいなと
ホストをしていて思います。

ですが、一方でリスクも高いなと
ホストをやっていて思うことも多いので

ゲストとして使うときは以下のリスクを考慮し、
事前に対策を取ろうと思っています。

Airbnbをホストとして使うリスク①は

サービスが均一でない可能性が高い

ホストをやっていてよく思うのが、

『今回は超~サービスした』とか『今回はなにもできなかった』とかです。

スーパーホストを4回維持している私たちですが、

本業ではなく、半分趣味でやっているところが多いので、
その時その時で

良くも悪くも
ゲストに提供するものが違います。

その理由は、他の仕事や時間の都合だったりもするのですが、

私たちも人間なので、『このゲストとは交流沢山したい』
と思う人には沢山誘いますし、サービスもします。

できるだけ、すべてのゲストと交流したいとは思っていますが、

ゲストがそもそも私たちと交流したいかが
わからないときがあります。

ただホテル代わりに泊まりに来たんだろうなと
思うゲストにはあえて誘ったりはしません。

毎回ゲストの様子を伺いながら
それは決めているのですが、

『お土産を持ってきてくれたゲスト』

は交流を求めていると判断し、
必ず食事等に誘うようにしています。

だから私がAirbnbをゲストとして使うときは
お土産を持っていこうと思います。

別になんでもいいんです、
安いお菓子でもキーホルダーでも

お土産を持って行くということは
『単に部屋を使いたい訳じゃない』
という意思表示になると思います。

また、意思表示をきちんとすることも
重要です。

お土産を持ってきてくれなくても
例えば「日本人の生活を体験したい」とか「交流したい」
とはっきり伝えてくれるゲストには
いろいろとサービスします。

予約の際に、自己紹介と旅の目的をはっきり伝えてくれる
ゲストにはいろいろとアドバイスもしたくなります。

予約する前に、いろいろと質問をしてみて
それに応えてくれるホストを予約するのも良いと思います。

Airbnbの楽しさは、施設だけでなく『人(ホスト)』だと思います。
半分趣味でやっている人のサービスは、
ホテルなどの施設と違って均一ではない可能性が高いですが、

逆に言うと、想像を超える素晴らしい体験ができるかもしれない
ということです。

その為に重要なのは、『お土産』と『意思表示』だと思います。

次回はAirbnbをゲストとして使うリスクとその回避法②について
書こうと思います。

Airbnbホストを始めるならこちら!!(宿泊完了で、50ドルのボーナスGET!!)>>

Airbnbをゲストとして利用はこちら(35ドル分の割引ポイント付!!)>>

-Airbnb(エアビーアンドビー)
-